データ流通市場の歩き方

株式会社日本データ取引所の公式ブログです。

データ流通ことはじめ

【連載:データ流通ことはじめ】(9)試される日本の都市計画 #2「都市化」の先に何が起こるか

日本では戦後の都市開発史のなかで、「都市化」の利点、難点の双方がいくらか明らかになっています。近現代日本史における都市化の軌跡と、そこで明らかになった都市化のメリット・デメリットを、駆け足でふり返ってみましょう。

【連載:データ流通ことはじめ】(8)試される日本の都市計画 #1 地球が丸ごと都市化する?

本連載では、データ流通市場に関連する用語や、業界動向を解説しています。今回は「住まいと安全」というテーマのもと、まずは地球の都市化に焦点を当ててみます。

【連載:データ流通ことはじめ】(7)地図とモビリティの未来 #5 スマートモビリティ、コネクテッドモビリティの現在

「モビリティ」と「地図」をテーマに、道路交通ビジネスの歴史を振り返り、未来に向けての課題を検討するシリーズ。今回は「機械が読む」ための地図からスタートして、スマートモビリティ、コネクテッドモビリティの現在、そしてこれからのモビリティを考え…

【連載:データ流通ことはじめ】(6)地図とモビリティの未来 #4「地図」から見たデータ活用の今と昔

「地図」というツールはこれまでどのように利用されてきて、今後どのように利用され得るのでしょうか。地図とそれに関連付けられるデータの利用可能性を探ります。

【連載:データ流通ことはじめ】(5)地図とモビリティの未来 #3 バスの車窓から見た「移動」──交通データ活用の現状と課題

標準化やデータ取引、分析ツールのオープン化が先行する地理空間情報の世界で、日本の基幹ビジネスは何を夢見ているのでしょうか? 今回は、交通データ活用の現状と課題を「バス事業」から考えてみましょう。

【連載:データ流通ことはじめ】(4)地図とモビリティの未来 #2 快適な旅を楽しみたい──消費行動としての「移動」

「生き延びるための移動」は「稼ぐための移動」へ、そして「自由のための移動」や「自己実現のための移動」へと変わっていきました。今回の記事では、「消費行動としての移動」について考えてみます。

【連載:データ流通ことはじめ】(3)地図とモビリティの未来 #1 遠くまで、歩きたくない──「移動」にまつわる人類史

標準化やデータ取引、分析ツールのオープン化が先行する地理空間情報の世界で、日本の基幹ビジネスは何を夢見ているのでしょう?「移動」にまつわる人類史から、モビリティ概念の変化と拡張について考えます。

【連載:データ流通ことはじめ】(2)「データ流通」6つの新用法

「データ流通」という言葉は、近年あたらしい用法で使われるようになりました。今回の記事では、6つの新しい用法についてそれぞれ解説します。

【連載:データ流通ことはじめ】(1)データ流通ってなんだろう?

「データ流通」という言葉の意味は、話し手や文脈によって微妙に異なり、一般にはまだあまり知られていません。そこで、「データ流通」という言葉の歴史と、近年の用法について説明します。

新連載「データ流通ことはじめ」がはじまります!

こんにちは、「データ流通市場の歩き方」編集部の小澤です。 これから本ブログでは、「連載・データ流通ことはじめ」と題して、定期的な記事更新をおこなっていきます! この連載は、データを使って働くすべての方に向けた「市場のガイドブック」をめざして…