データ流通市場の歩き方

株式会社日本データ取引所の公式ブログです。

【連載:データ流通ことはじめ】地図とモビリティの未来を考える! 第1回 イントロダクション〜道路交通ビジネスの歴史から〜

f:id:jdex:20210407164026p:plain

 

こんにちは。本連載では、データ流通市場に関連する用語や、業界動向を解説しています。前回まではデータ流通市場の概要についてお伝えしました。今回から分野ごとに解説していきます。最初の話題は「モビリティ」そして「地図」です。

 

地理空間情報の世界では、標準化や、データ取引分析ツールのオープン化が進んでいます。毎日の通勤や買い物から、家族形成、就職/転職、住居購入や老人ホームへの入居、また内戦や気候変動といった長期的な要因まで、人びとは様々な理由で移動しています。

 

移動それ自体がエンターテイメントにもなります。仮想現実(VR)や複合現実(MR)を通じ、現実世界にいながら、移動を疑似体験することもできます。

 

そもそも、人間は一生の間にどれだけ移動するのでしょうか。筆者の歩数計データに基づく歩行距離は年間2,000kmで、20年で地球を1周する計算です。幼少期や後期高齢期の歩数が減っても、生涯でざっくり地球3周はするのでしょう。

 

国内では交通費月平均6万円分、昨年は海外旅行で18,726km分の飛行機の移動も加わりました。何年後かに宇宙へいけるようになったら、さらに距離を稼いで、地球を何十周もするようになるかもしれません!

 

f:id:jdex:20210427163300p:plain

図表1 移動の類型例とサイトマップ

原始、人はなぜ「移動」したのか?

 

ではどうして、人は移動するのでしょうか。人類は鳥類のように飛んだり、ネコ科のように疾走したり、魚類のように泳いだりもできません。だからこそ、一度に沢山の距離は無理でも、アフリカ大陸から20万年かけ、より暮らしやすい環境を求めて世界中に拡散したといわれます。

 

皮膚の脆弱な人類は、衣類で体温を制御しながら、繰り返された気候変動に耐え、洪水や干ばつから逃れ、より豊かな食料が安定して確保できる土地を目指して、大規模な移動を繰り返したのです。乾燥や寒波で動物たちの死骸が手に入りやすい、中高緯度帯を目指したという説もあります。 

 

blog.sizen-kankyo.com

 

「動物に乗る」民族の登場

 

やがて人類は、紀元前40世紀頃から馬を家畜化。紀元前35世紀には車を引かせ、紀元前10世紀頃には騎乗して移動距離を稼ぐことを覚えます。サバ王国(イエメン)の女王が、数多くのラクダに黄金や香料を積んで、アラビア半島を縦断し、2,000kmも離れたヘブライ王国パレスチナ)のソロモン王を訪問したという伝説があります。

 

紀元前8世紀には、南ロシア平原に人類初の遊牧民族キンメリア人が登場します。[遊牧民 - Wikipedia] 遊牧民の生活は、生産と消費の様式に「移動」を組み込んだ、人類の移動史におけるターニングポイントでした。

 

家畜を時間・空間的に移動させながら、植生、水、ミネラルなどの自然資源を利用して生きること。それを可能にしたのは、身近な「動物」を「乗り物」とみなす、新しい「概念の発明」だったのです。

 

さまざまな「車輪」の発明

 

多くの乗り物は車輪で動きます。もし車輪がなかったら、人間の移動はずいぶん短かく、遅くなったことでしょう。古代の最重要発明ともいわれます。車輪の原型は紀元前50世紀頃からあるといわれますが、紀元前37世紀に登場した荷車が、人力では難しい、重く、大きなモノの持ち運びを可能にします。意外にも、戦車が登場したのは紀元前25世紀のシュメールとされ、馬にまたがるよりずっと古いのです。

 

紀元前20世紀頃に生まれたスポーク [スポーク - Wikipedia]は、それから3,800年ほどを経て、1870年代に「針金スポーク」へと成長します。二輪自転車の登場です。1813年には足で地面を蹴るタイプでしたが、1839年に「ペダル式」が考案され、1861年に前輪にペダルが取り付けられます。1888年ダンロップが空気入りタイヤを発明すると、現代でも使われる「自転車」が実用化されました。[自転車 - Wikipedia]

 

交通機関」が全土に広がる

 

やがて近代に入ると、地球は丸ごと都市化を始めます。

 

馬車、機関車、電車、自動車、オートバイ、セグウェイといった移動・輸送手段(Vehicle)が開発され、普及するにつれ、人々は「公共交通」と「自前の乗り物」を当たり前に使い分けるようになりました。

 

その事情は国ごとにちがいます。日本の公共交通機関は原則「独立採算」ですが、ストラスブールLRT(次世代型路面電車)は、都市圏共同体予算の20%を公共交通に支出するなど、自治体が財政負担する住民サービスとして位置づけられているそうです。[トラム (ストラスブール) - Wikipedia]

 

近年では、より小型で、よりパーソナルな携帯EV(電気自動車)も登場(図表1)。「駐車せずに持ち歩けるので、いつでもあなたの移動をサポート」してくれます。

 

 

f:id:jdex:20210427153955j:plain

図表2 ココアモーターズの携帯EV

www.cocoamotors.com

 

鉄道網の敷設は、200年以上の歴史を持つ伝統的な都市政策です。1803年のサリー鉄道(馬車)を皮切りに、1825年には世界初の蒸気機関鉄道がストックトンダーリントン間を結び(英国)、1830年にはボルチモア・アンド・オハイオ鉄道が開業(米国)。

 

日本はやや出遅れますが、1872年には新橋・横浜間が結ばれ、1880年代には北海道、四国、九州と各地で鉄道が建設され、1889年には東海道線新橋・神戸間)が全通しました。 [鉄道の歴史 - Wikipedia]

 

鉄道の駅数は2021年4月現在で9,171にまで増え、とりわけ東京圏でどんどん鉄道網が発達します。

 

www.kokudo.or.jp

 

その経緯は、1924年から2020年までの路線図の変遷をまとめた「東京の地下鉄の歴史」 にまとまっています。

 

azisava.sakura.ne.jp

 

日本の鉄道総距離は世界11位の27,182kmで、国土面積の割に充実しています。

 

top10.sakura.ne.jp

 

次回も、鉄道網や自動車産業の視点から、モビリティについて深堀りしていきます。

 

 (著作:清水響子+編集部 編集・構成:編集部)

 

 

私たちが運営するデータマーケットプレイス「JDEX」の詳細はこちら

www.service.jdex.jp