【連載:データ流通ことはじめ】データ流通ってなんだろう?

f:id:jdex:20210303165943j:plain

 

こんにちは、「データ流通市場の歩き方」編集部の小澤です。

 

私たち株式会社日本データ取引所は、「日本のデータを民主化する」を企業理念(ミッション)として、データ流通市場の運営にとりくんでいます――と言うと、よく聞かれます。

 

「そもそも『データ流通』とは何なのでしょうか。データ分析とのちがいは? データ活用との関係は?」

 

IT用語によくあるように、「データ流通」という言葉は、話し手や文脈によって微妙に意味がちがって、一般にはまだあまり知られていません。

 

そこで今回は、この言葉の歴史と、近年の用法について説明します!

 

「データ流通」という言葉の歴史

語源は諸説あるものの、「データ流通」の訳語には、data distribution, data circulation, data flow, data exchange, data flowといった単語が用いられていて、19世紀にはすでに用例が見られます(Google N-gramで当社調べ)。

 

f:id:jdex:20210310160023p:plain

 

しかし、「データ流通」という言葉が活発に使われ出したのは、1950年代以降のことです。コンピュータの研究開発が進むにつれて、少しずつ一般に使われる語になりました。

 

どの語も人気のピークは1980年代後半から1990年代前半にかけて。これは家庭用パソコンの登場と重なります。

 

f:id:jdex:20210310160106p:plain

 

その後は、ネット利用の普及(Internet, Web, Social media)に関心が移り、「データ流通」にまつわる言葉の使用は、いったん落ちつきます。

 

ところが、2018年頃から再び上昇する兆しが見られます。どうやら新しい用法が定着しつつあるようなのです。

 

「データ流通」6つの用法

編集部が調べたところ、それらのあたらしい用法は、おおよそ6つの観点で使われていました。

 

  1. 国際的なデジタル経済圏の協調枠組み
  1. 新しい情報技術の戦略PRコンセプト
  1. IT投資促進のための政策メッセージ
  1. 組織の知識・人材ネットワーク形成
  1. 情報システムのより簡便・迅速・広範な連携
  1. 法人向けデジタルコンテンツの流通増

 

身近なビジネストピックから国際動向まで、幅広い意味で使われているようです。ややこしいですね……。次回から、2記事にわけて説明していきます!

 

 

私たちが運営するデータマーケットプレイス「JDEX」の詳細はこちら

www.service.jdex.jp